輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

ゴルフの中古車を購入する際の注意点やゴルフの特徴とモデルチェンジの推移など購入に関わる情報を掲載中。

輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

ゴルフの中古車とモデルの概要

フォルクスワーゲンと言えば「ゴルフ」という人もいるくらい、世界中で人気を博している車種ですが、そんなゴルフがどのような車なのか。そして中古車事情がどのようなものになっているのかを見てみるとしましょう。

特徴と推移

ヨーロッパではCセグメントに分類されている車種で、世界の車種で見ても、トヨタのカローラに次ぐ第二位を記録している車種です。

累計生産台数はなんと2500万台を突破しており、世界中で愛されているのがわかるのではないでしょうか。

初代モデルが登場したのは1974年。

この頃のフォルクスワーゲンは第二次世界大戦後に発表したビートルが大ヒットを記録していたのですが、さすがに後継車種の開発が求められるようになりました。そこで生まれたのがゴルフです。

とはいえ生産んは紆余曲折の連続でした。

当時の開発技術では中々満足の行くものが出来ず、途中で生産計画が白紙に戻される事もあったほどです。

結局ビートルの後継車種として製造される事になったのですが、それでも中々簡単には行かなかったようです。

登場当初はFFのハッチバックでした。

1974年に登場すると1982年までフルモデルチェンジが行われないほど、素晴らしいデザインだったのです。

1982年には二代目が登場。更には1992年には三代目、1997年には四代目、2003年には五代目が登場。

基本的なデザインは全て同じもので、更には2009年に六代目モデルが登場しました。

ワールドカーオブザイヤーを獲得するなど評判は高く、日本でも発売されています。

DSGと呼ばれている変速システムを搭載し、さらには燃費も欧州車でありながら16.8km/Lとなっているなど日本のオーナーに向けてのアピールポイントもしっかりとしたものとなっています。

また、ゴルフは世界中で販売されているほど高い人気を博している事もありますので、様々な派生モデルも生み出しています。

カブリオレやワゴンなど様々なタイプが登場していますので、先にも名前が挙がりましたが、日本のカローラのように、全く異なるのでは…というような車種とも関連性があったりするほど、フォルクスワーゲンにとって大きな財産となっているのがゴルフなのです。

価格と中古車市場

ドイツの一般的な車と言えますので、価格の方はそれほど高いものではありません。

最廉価グレードとなると260万円前後となっていますが、値段の割りに出力はとても素晴らしいもので、それでいて燃費もそれなりのものとなっていますから、走行性に関しては日本のコンパクトカーとは比べ物にならないレベルにあると言っても過言ではないでしょう。

そんなゴルフの中古車事情を見てみるとしましょう。

さすがに長い歴史を持っている車種なだけあり、流通している中古車も数多いものです。

程度も様々で、前のオーナーが長い間楽しんだであろう状態のものもあれば、ディーラー試乗車などで利用していたために程度の良いものもあります。

装備などに関してもカスタムされたものもあるのですが、基本的な装備となっているものが多く出回っているようです。

そのため、ゴルフを探している人は選択肢の広さに悩まされるのではないでしょうか。

様々な状態の中古車があります。

当然予算の問題もあるでしょう。

また、ゴルフを考えている人は競合車種も多いのではないでしょうか。

出力などの部分でこだわりがあるのであればともかく、燃費と走行性に優れている車となると選択肢は幅広いものとなりますので、中々悩まされる事になるでしょう。

特にゴルフはバリエーションも豊富ですし、年式も様々です。

現行車種ですとまだまだ流通量は少ないですが、先代モデルとなるととにかく様々なモデルが世の中に出回っています。

もしもゴルフの購入を考えているのであれば、まずは年式くらいは絞るべきでしょう。

また、グレードなどもしっかりと定めなければ、選択肢の広さから中々決まらないのではないでしょうか。

とはいえ、数多くの車種が出回っていますので、理想のゴルフが必ずあるはずです。

辛抱強く探す事が求められるでしょうが、それも中古車選びの楽しみの一つでしょうからね。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.