輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

ボルボ・XC60の中古車を購入する際の注意点やボルボ・XC60の特徴とモデルチェンジの推移など購入に関わる情報を掲載中。

輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

ボルボ・XC60の中古車とモデルの概要

ボルボから登場しているSUV、「XC60」に興味を持っている方も多いでしょう。ボルボ初のプレミアムSUVと言われているXC60がどのような車種なのか。中古車情報と併せて見てみるとしましょう。

特徴と推移

XC60が登場したのは2007年1月のデトロイトモーターショーでした。

ここで公開されたコンセプトカーが「XC60」のルーツと言えるでしょう。

更に翌年の2008年3月のジュネーブショーで量産型が発表されました。そして翌2009年に発表され、大ヒットを記録。2009年度のボルボのベストセラーに輝いたほどです。

SUVの中では比較的コンパクトなサイズとしても知られていますがこれはV70をベースとしているからです。

V50をベースにしていると勘違いしている人も多いようですが、実はV70というから驚きですよね。

V70はXC70のベースともなっていますから、XC70に似ている部分もあります。

とはいえ、XCはステーションワゴンをベースにしていますがXC60はクーペとSUVを融合させたようなエクステリアとなっています。

エンジンは2.0Lと3.0Lのものを用意。5ドア、6AT、5名定員はどれも同じで、FFと4WDのタイプが用意されています。

「安全世界一のボルボ」と言われていますが、その名に恥じない素晴らしい装備の数々が用意されています。

歩行者との衝突を事前に察知・回避運動を行なう「HUMAN SAFETY」を用意。

また、自動換気システムを装備していますので社内の状況も良い空調を保ってくれます。更には歩行者検知システムや危険な状況と察知すると警告を発します。

更にはシステムが自動的にフルブレーキをかけて車を停止させたり減速させたりするなど素晴らしい機能を持っていますので、安全面に関しては不満を覚える人はいないのではないでしょうか。

日本には右ハンドルモデルのみが輸入されていますのでその点も嬉しい部分になるかもしれません。

また、安全面以外にもプレーキ操作時、さらにはエンジンブレーキがかかっている際には運動エネルギーを再利用し、電力としてバッテリーに蓄える「ブレーキエネルギー回生システム」を搭載しています。

HDDナビゲーション、さらにはUSBポートまで標準装備していますので、何かと便利な一台と言えるでしょう。

XC60の中古車事情

XC60は中古車事情では全国でおよそ50台程度の在庫となっています。とはいえ初登場が2009年の6月ですので初回車検がそろそろです。

これから在庫が増加していく事は充分に考えられますね。

そのため、現在の中古車はどれも状態が良いものばかりで、10万kmなど程遠い自動車がほとんどです。

むしろ1万kmを切っているものの方が多いくらいですが、これは言い換えれば試乗車、あるいはデモカーとして利用されていたものが中古車市場に出回っていると言う事で、オーナー車ではないという事です。

そのため、状態の方はどれも素晴らしいものとなっていますので、中古車といってもほとんどが「新古」と言えるでしょう。

初回車検以降はオーナー車も増えてくるでしょうから、今XC60の中古車が欲しいと思っている方は、タイミングがあまり良くありません。

これから増えていきますので、少々待つと選択肢も増えて行くでしょう。

在庫が増えれば値段も若干ではありますが安くなるかもしれませんしね。

とはいえ、今現在はまだまだ数そのものが出回っていませんので選択肢は少ない状況となっています。こればかりは仕方ない部分ですので、もう少し中古車の数が揃うのを待った方が良いかもしれません。

今すぐにXC60が欲しいとなると、ほとんどが新古状態となりますので、価格の方は新車よりちょっと安い程度になります。

それでも良いという方であれば問題ないのですが、新車よりもお得な価格で…と思っている方は、もう少し待った方が良いでしょう。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.