輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

ポルシェ・カイエンの中古車を購入する際の注意点やポルシェ・カイエンの特徴とモデルチェンジの推移など購入に関わる情報を掲載中。

輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

ポルシェ・カイエンの中古車とモデルの概要

ポルシェ初のSUVとして大ヒットを記録しているカイエン。
まさに「SUVの頂点」に君臨しているといっても過言ではない一台ですが、カイエンの歴史と中古車事情についてご案内します。

特徴と推移

2002年に登場したポルシェ初のSUV、それがカイエンです。ポルシェといえばスポーツカーです。

そのイメージは今でも変わるものではないでしょうが、実はSUVまでラインナップされているのです。

とはいえ、ポルシェの解釈としてはSUVではなく、「全く新しい形のスポーツカー」と定義しています。

この背景にはSUVへの参入を考えていたポルシェと、高級SUVに本格参戦を考えていたフォルクスワーゲンの思惑が一致した点にあります。

そのため、カイエンは両社で開発費用を分担して共同開発されたものなのです。

フォルクスワーゲンでは「トゥアレグ」という名前で登場していますが、プラットフォームのみが共通しているだけで、基本的には別物と言って良いかもしれません。とにかく様々な面で異なっています。

オフロード性能はもちろんですが、都市部の走行性能もまったく問題ないものです。

2002年に登場した初代モデルは3種類のエンジンを搭載したモデルがラインナップされていました。

2006年にはモデルチェンジが行われ、排気量アップ、さらにはフェイスリフトなども行われます。

そして2010年にもモデルチェンジが行われます。

全長は48mm長くなり、それでいて180kgの減量を達成。さらにはアイドリングストップやエネルギー回生システムなども搭載。

ポルシェらしからぬコンセプトとも言われていますが、それでもターボモデルに関しては最高速度は278km、368kwと、ポルシェの名に相応しいスペックも持ちえていますので、ポルシェファンはもちろん、高級カーマニアからも熱いまなざしを向けられているのがポルシェのカイエンです。

更にはカイエンにはハイブリッドモデルまで登場しています。

ポルシェ初のハイブリッドモデルで、いわゆる「パラレル式」のモデルです。

中古車市場

279kwと、ポルシェにしてはおとなしい数字かもしれませんが、ハイブリッドモデルとは思えない出力を実現しています。

ちなみに価格の方はベーシックモデルで755万円。

ハイブリッドモデルで1102万円となっています。

また、ターボモデルは1573万円ですので、気軽に購入出来るものではないでしょうが、それでも高い人気を博しているのはやはり「ポルシェブランド」と言えるでしょう。

そんなカイエンの中古車事情を見てみると、在庫そのものはそこまで多くはありません。

それもそのはず、やはり高級車に分類されるものですので、広く普及している訳ではありません。

中古車の在庫数は、販売台数に比例します。

カイエンが高級車で、品質の良い自動車である点は間違いありませんが、かといって売れる車ではありません。それは、やはり簡単には購入出来ない価格帯の一台ですから。

カイエンの中古車の数そのものは多くはないのですが、状態の方は様々です。

というのも、BMWやベンツの中古車は、割と走行距離が少ないものが多いのです。

これは、走行性よりも見栄の部分もありますので、車検毎に現行車種の乗り換えているオーナーも多いため、中古車市場には短い走行距離のものが登場するのですが、カイエンに関しては様々です。

新古同然のものもあれば、走行距離が一応の目安である10万kmに到達するのではというものまであります。

200万円台のものもありますが、それは初代モデル、さらには走行距離もそれなりに長く、前のオーナーが愛着を持って利用していた事が窺える一台となっています。

ですので、「カイエンに乗る」のは、モデルに拘らなければそこまで難しいものではないでしょう。とは言え、現行車種の上級グレードともなると2000万円近くするものもありますので、カイエンの中古車事情は意外と大衆車同様幅広いものとなっています。

とはいえ、大衆車のようにすぐに在庫状況が変わる訳ではありません。

大衆車であれば売れてもすぐに持ち込むユーザーが多いでしょうが、カイエンはそこまで高回転ではありませんから。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.