輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

ポルシェ・ボクスターの中古車を購入する際の注意点やポルシェ・ボクスターの特徴とモデルチェンジの推移など購入に関わる情報を掲載中。

輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

ポルシェ・ボクスターの中古車とモデルの概要

ポルシェの中でも珍しいロードスタータイプ、それがボクスターです。「ボクサー」と「スピードスター」を合わせたネーミングのボクスターがどのような車種なのか。中古車事情の方と併せて見てみるとしましょう。

特徴と推移

ボクスター画登場したのは1993年のデトロイトオートショーでした。

コンセプトカーとして登場し、好評を博したおかげで1996年に市販される事になりました。

一応は「968」の後継車という事になるのですが、直列4気筒のFR方式から水平対向エンジンをミッドシップに搭載するなど、「968」とは異なる部分も多く、ポルシェのミッドシップは「914」以来ですので、その点でも大きな注目を集めました。

ポルシェというと「高級スポーツカー」といったイメージがあるでしょうが、「ボクスター」に関しては一応はエントリーモデルとして位置付けられているものです。

これは「911」がありますので、高級スポーツカーとしての性格は「911」に付与し、「ボクスター」はエントリーモデルという位置付けとなったのでしょう。とはいえ、あくまでも「ポルシェ」の中でのエントリーですから、価格の方は決して安いものではありません。

装備も素晴らしく、まさに「ポルシェ」と言えるものとなっています。

また、性能はもちろんですが、ハンドリングへの評価が高く、「世界第一線級」とまで言われているのがボクスターです。

ホンダのS2000、日産のフェアレディやBMWのZ4といったスポーツカーの開発の際に目標とされている車種でもありますから、現在の自動車シーンに与えた影響はとても大きいと言えるでしょう。

初登場は1996年になるのですが、2000年モデル、2003年モデルまでの986型、2004年モデル、2007年モデル、2009年モデルの987型に加え、さらにはスパイダータイプなど、様々なモデルが登場している事で知られています。

現行グレードは右ハンドルと左ハンドルが用意されており、エンジンは2.9Lと3.4Lが用意されています。

6速MTと7速ATが用意されており、ベースグレードは568万円。

最も高価なスパイダーモデルの7速ATが918万円からとなっています。

当然ですが2シーターの2名乗車ですので、実用性という点ではそこまで高いものではないでしょうが、走行性に関しては先にもお話ししたように、自動車業界でもトップクラスのものとなっていますので、多くの人が満足するでしょう。

とはいえ、誰もが乗れる車種ではありませんから、その点でも多くの人の「憧れ」となっているのです。

そんな「ボクスター」の中古車事情も見てみるとしましょう。

ボクスターの中古車事情

ボクスターが登場したのが1996年になりますので、かれこれ15年も販売されているモデルになりますから、全国で出回っている中古車の数はおよそ200件前後で、ポルシェの車種にしては多い方です。

さすがに登場当初のモデルは定価を大幅に下回っており、稀にではありますが100万円を下回っているものもあるほどです。

走行距離に関してはポルシェのオーナー層からか、10万kmを超えているものの方が珍しいですね。

とはいえ、現行車種の新しいものですと価格はそこまで崩れていませんから、その点では「ボクスター」は幅広い選択肢があるとも言えるでしょう。

先にもお話ししたとおり、一応はエントリーモデルとしての性格が付与されている事もあり、中古車価格を見てもそこまで驚かされるほどではありません。

300万円代でも素晴らしい状態の「ボクスター」を入手する事が出来ますので、「ボクスター」が欲しい人にとっては、とにかく悩まされるでしょう。

エアロパーツのようなオプションを付けている中古車はほとんどありませんが、ホイールなどの足回りを弄っているものはいくつか見かけますね。

とはいえ、基本的には程度の良いものが多いですから、その点では安心して選べるのではないでしょうか。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.