輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

プジョー407の中古車を購入する際の注意点やプジョー407の特徴とモデルチェンジの推移など購入に関わる情報を掲載中。

輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

プジョー407の中古車とモデルの概要

プジョー407はプジョーシリーズのミディアムクラスとも言われる位置づけのクルマで、406の後継車として登場したクルマであり、映画TAXI④でセダン407が大活躍し、そう言った意味では世界的にも有名なクルマである。

特徴と推移

2005年に406の後継として登場し日本に正規輸入されるボディタイプはセダンの他、それまでブレークと呼ばれていたステーションワゴンを、307と同一名称のSWとして用意、他にもスタイリッシュなクーペが存在する。

セダンとSWと呼ばれるワゴンに2.2Lエンジンに4ATを組み合わせる、セダンST2.2、スポーツ2.2、SWスポーツ2.2、SW2.2の他、3.0Lエンジンに6ATを組み合わせるセダンスポーツ3.0、エグゼクティブ3.0 、SWスポーツ3.0、SWエグゼクティブ3.0の他、クーペモデルには3.0Lモデルのみとなる。組み合わせはATのみでMTは正規輸入されていない。また駆動方式もFFのみとなる。

エクステリアはフロントマスクの開口部が大きいフロントグリルが好みの分かれる所だが、見慣れてくると、他のプジョーシリーズに通じるデザインであり猫科の猛獣をイメージしたものでプジョーのアイデンティティとなっている。

クーペはフロントバンパーの左右に3本のスリットラインを配し、セダンやSWに比べよりスポーティな印象となっている。

インテリアはフランス車らしい清潔感あふれる配色とデザインとなっている

デザイン上で有効となるフロントガラスの傾斜も室内に入ると視界に入って来るので気にはなるが、慣れの問題のレベルである。

内装では先代よりは向上したものの、日本専用デザインと言われるインパネは、相変わらず樹脂パーツが多く、もう一歩といった所である。

室内空間は406とさほど変わらないが先代から狭苦しいというイメージは無く標準的なミディアムクラスの広さと言える。

SWはプジョーのウリともいえるパノラミックルーフは開放感抜群。

後席でも空を仰げるほどの大きいガラスルーフだが、日差しが強い時は電動シェードで日差しを防ぐことが出来る。

クーペはそのボディ形状から、積載性に不満が出そうだが、実際はトランクスルー機構等が付いており、見た目によらず積載性能は高い。

走行性能だが2.2Lモデルでも必要十分であるが、遅すぎず、速すぎずといったオーソドックスなパワー感であり、加速性能や登坂路でのパワー感はパンチに欠けるが、サスペンションのセッティング等は電子制御の入らない、プレーンなネコ足を堪能できるのは2.2Lモデルとなる。

またV6モデルはエンジンパワーが全く不満の無い物で全体的に厚みを増したトルクは街中から、ワインディングまで問題なく扱える。

さらに組み合わされるATが2.2Lモデルの4ATに対し、信頼性の高い日本製の6ATを採用するところも魅力である。

しかし乗り味は電子制御可変減衰力調整式ダンパーにより、2.2Lのようなネコ足感は無くなってしまう。通常モードでもネコ足とは離れた堅めのセッティングであり、スポーツモードにするとさらに固くなる印象。

どちらが悪いと言うことは無いので、両方試乗して好みの方を買うと良いだろう。

プジョー407のモデルチェンジの歴史

2005/6 日本発売開始。セダン、SWそれぞれに2.2Lと3.0Lを用意。クーペは3.0Lモデルのみとなる

2007/5 一部改良。2.2L車の出力向上。グレード名もスポーツからSVに変わる。

2009/2 マイナーチェンジ。フロントグリルの装飾を変更し、より強調された物となる。

テールレンズのデザインも変わり高級感が増したものとなる。今回のマイナーチェンジでクリアランスソナー、電動調整式本革シートが標準装備となる。インテリアもパネルをピアノブラックとし高級感を増している。

プジョー407の注意点。

ドリンクホルダーが無い。ゴルフバッグが横向きに入らない等、日本車ならでは風土の違いからくる装備の違いがあるようなので、購入前にはぜひチェックして、試乗もしておきたい。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.