輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

プジョー207の中古車を購入する際の注意点やプジョー207の特徴とモデルチェンジの推移など購入に関わる情報を掲載中。

輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

プジョー207の中古車とモデルの概要

プジョー207は2006年に発売されたコンパクトサイズの乗用車で、プジョー206の後継モデルにあたる。売れ筋の5ドアハッチバックを始め、3ドアハッチバック、2ドアカブリオレ、5ドアワゴンと豊富なラインナップから選択できるのが魅力である。

特徴と推移

プジョー207は2006年に206の後継モデルとしてデビュー。洗練された都会的なデザインと取り回しのしやすいコンパクトなボディで、日本でも人気のフランス者である。

プジョーはネコ足と言われ足回りのセッティングに定評があり、しなやかな乗り心地はコンパクトカーである207でも変わらない。

また、プジョー207はシトロエンC3とシャシーを始め、多くのパーツを共用する。

日本に導入されたエンジンは直4 1.4Lと直4 1.6Lターボの2本で、駆動方式はFFのみ、組み合わされるトランスミッションは4ATと5MTでエンジンは途中BMWと共同開発のエンジンを導入し、最新バルブトロニックを採用。しかし、日本導入のATは終始4ATであった。

輸入車には珍しくMTモデルも存在するが、3ドアハッチでは4ATを選択する事は出来無い。

インテリアはシンプルでありながら飽きの来ないデザイン。

ハッチバックは後部座席のヘッドクリアランスが少なめだが、着座位置が高い為、しっかりとした姿勢で座ることが出来る。

快適装備として左右独立温調オートエアコンや雨滴感知式オートワイパー等も備える。

またステーションワゴンのSWはリヤゲートを開けること無く荷物の出し入れが出来るガラスハッチや、後部座席から開閉できるラゲッジシェルフなど、ワゴンとしての使い勝手も良い。

また後席に3枚分の3点式シートベルトが備わる所も評価したい。

その他の安全装備として6エアバッグ、横滑り防止装置のESPとステアリングの舵角に合わせてコーナーを照射するAFSも装備する。

プジョー207の歴史

2007年3月にプジョー206の後継モデルとしてデビュー。直41.6Lと同ターボの2種類をラインナップし、5ドアはベーシックな207とパノラミックガラスルーフなどを装備した上級グレードの207シエロ、3ドアはシエロ同様、パノラミックガラスルーフを装備した207GTを設定。5ドアは直41.6Lエンジンに4ATの組み合わせ、3ドアは直4 1.6Lターボエンジンに5MTの組み合わせ。

2007年6月コンバーチブルである207CCがデビュー。フル4シータークーペカブリオレモデルとして、電動リトラクタブルルーフを装備する。

グレード構成はベースグレードとなる207CC、シートとドアトリムに本革を使用した207CCレザー、さらにダッシュボード上面まで本革張りとした、CC Premium、直噴ターボを搭載するCC GTの4グレード。

CC GTのみMTを選択出来る。

2008年3月5ドアモデルのベーシックグレードでもMTを選択出来る様になる。

2008年4月にステーションワゴンモデルの207SWを追加。ハッチバック同様1.6LNA+4ATの組み合わせである207SWと1.6Lターボ+5MTの組み合わせのGTiの2タイプを設定する。SWの登場で207は5ドアハッチ、3ドアハッチ、2ドアクーペカブリオレ、5ドアワゴンとフルラインナップとなる。

2008年4月5ドアハッチバックに1.4Lエンジンの207スタイルを追加。組み合わせるのは2ペダル5MTのロボタイド。

2010年7月 GTのエンジンを1.6Lツインスクロールターボとし、6MTに変更、

各モデルの注意点

207はボディタイプが多岐に渡りラインナップされているが、3ドアハッチバックはMTしか選択できないので、注意が必要です。

また税制面でも有利な1.4Lモデルは5ドアハッチバックのみの設定となり、他のボディ形状では選択することが出来ない。

他にも多数の限定車が存在するが、装備とトランスミッションボディ形状によって存在しない物があるので、全てのモデルに適用されるものではない。

また故障も多く、パーツの取り寄せに時間がかかる上修理代金も高くつくので、程度の良い物でなおかつ保証期間の長い物を選びたい。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.