輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

輸入中古車の購入時に必要な知識である、「正規ディーラー車」と「並行輸入車」との違い。近年、業界で注目されている、認定中古車のメリットや、輸入中古車を購入する際に、後悔しないための注意点について。

輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

メルセデス・ベンツの中古車

メルセデス・ベンツの中古車に関して各車の特徴や市場の動向、購入時の注意点などのほか全国の中古車販売店にあるメルセデス・ベンツの在庫情報。

Aクラス

メルセデスベンツAクラスはコンパクトなボディにFFの駆動方式と言う、メルセデスとしては珍しいパッケージングのクルマで、駐車場事情の厳しい都市部でも駐車スペースを占有しないと言う事から日本での人気も高い。

Bクラス

メルセデスベンツBクラスはアルファベットの示す通り、AクラスとCクラスの中間に位置するモデルで、廃止されたAクラスロングの後継モデル。 Cクラスより長いホイールベースを持つBクラスは居住性の高さがウリである。

Cクラス

メルセデスベンツCクラスはW201型と呼ばれる190Eの後継モデルとして93年にデビューした、メルセデスベンツのコンパクトクラス。
日本でも、取り回しの良さや、メルセデスのエントリーモデルとしてBMW3シリーズと人気を2分する。

CLクラス

メルセデスベンツCLクラスはSクラスをベースとしたモデルで,2シーターのオープンモデルであるSLクラスと5人乗り4ドアセダンとなるSクラスの丁度中間を埋めるモデルであり、4人乗りを可能とした2ドアスペシャリティクーペである。

CLKクラス

メルセデスベンツCLKはCクラスをベースとした2ドアクーペおよび2ドアカブリオレで、手頃なサイズと気品漂う大人の2ドアとして日本でも人気が高い。2ドアモデルだがスポーティ一なだけでなく、高級感を併せ持つプレミアムカーである。

CLSクラス

メルセデスベンツの中でもとにかく流麗なデザインで知られているのがCLSクラスです。世界最速の4ドアセダンとしても知られているCLSクラスがどのような車種なのか。そして気になる中古車市場の方も見ていくとしましょう。

Eクラス

メルセデスベンツEクラスは、それまでミディアムクラスと呼ばれていたように、メルセデスベンツの中核を担う車種。BMW5シリーズやアウディのA6をライバルとするアッパーミドルクラスのクルマである。

Gクラス

メルセデス・ベンツGクラスは元々軍用車として開発されたゲレンデヴァーゲンをベースに乗用モデルにしたもの。 その武骨なデザインと、本格オフロード走行の出来る頑丈なエンジンやシャシーを持ちながら、日本ではいわゆる、・はずし・の美学に則り、芸能人等のセレブリティを中心に人気のモデルである。

GLクラス

メルセデスベンツGLクラスはメルセデス初となるフルサイズのSUVで、3列シートを備えるモデルで7人乗車を実現。全長は5m、全幅は、ほぼ2mと大柄なボディに、悪路走破性と多人数乗車を実現している。

Mクラス

メルセデスベンツMクラスはメルセデス初となるSUVで、本格オフローダーのGクラスに対し、街乗りSUVと言う位置づけとなりフルタイム4WDであるクロスオーバータイプのMクラスは日常使用から、休日のアウトドアレジャーまで熟すマルチビークルです。

Rクラス

メルセデスベンツRクラスはクロスオーバーSUVでありながらミニバンとステーションワゴンのいい所を寄せ集めたクルマであり、シャシーはMクラスの物を共用している。

Vクラス

メルセデスベンツVクラスは同社の商用車Vitoの乗用バージョンとして発売された6名乗車のミニバン。 2代目の前期モデルにはVianoと言う名前が与えられたが、2006年のマイナーチェンジでVクラスという名称に回帰した。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.