輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

ジャガーXFの中古車を購入する際の注意点やジャガーXFの特徴とモデルチェンジの推移など購入に関わる情報を掲載中。

輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

ジャガーXFの中古車とモデルの概要

イギリスの自動車メーカー、「ジャガー」が、それまでのイメージを打破すべく開発した一台、それが「XF」です。流麗なフォルムは多くの人を魅了していますが、そんなXFがどのような自動車か。特徴と更には中古車市場の方も見てみるとしましょう。

特徴と推移

ジャガーのXFは2007年に行われたフランクフルトのモーターショーで初公開されました。

コンセプトモデルは同年の1月に行われた北米国際オートショーなどでも展示されていたのですが、その際には「XF」ではなく、「C-XF」というネーミングでした。

とは言ってもC-XFも市販を前提とされていましたが、2008年に発売された市販モデルではかなりの部分でデザインが改良されています。

XFはとにかくジャガーにとって大きな意味を持つ一台でした。

ジャガーはイギリスの高級車メーカーで、当時はフォードの傘下にあったのですが、名門というブランド力は健在ではあったものの、ジャガーの購買層の高年齢化に悩まされていたのです。

特に若年層からの支持の低さを改善したいと思っていたジャガーは、それまでのイメージを一新するかのようなデザインを欲していたのです。

それがこの「XF」なのです。ですが、ボンネットはEタイプ、リアピラー周辺はXK、そして伝統の丸目4灯ヘッドランプが採用されていますので、得たらしいシルエットだけではなく、ジャガーの伝統も息づいていると言えるでしょう。

グレードは8種類がラインナップされています。

全て6速ATのFRではあるのですが、エンジンが異なります。

最大出力を誇るのは「スーパーチャージド」というというグレードで、こちらは508PSとなっております。

一方ラグジュアリーと呼ばれている、いわゆるベーシックなモデルは3.0LのV6エンジンで、243psとなっています。

最高出力からの比較では物足りない数字に思えてしまうかもしれませんが、それでもこの数字はとても素晴らしいものでしょう。

様々な賞を受賞している事からもわかるように、評価も高い一台となっています。

また、2011年4月のモーターショーでは2012年モデルが初公開されました。

そろそろモデルチェンジの時期なのでは…とやきもきしていたファンの期待にしっかりと応えたモデルとなっており、今から登場が待ち遠しいのではないでしょうか。ちなみに価格の方は最廉価なものが595万円。

最高出力を誇る「R」というグレードは1200万円となっています。

グレードの中には折からのユーロ安のおかげで値下げしたものもありますので、それまでジャガーは「高い」と思っていた方にとっては今のユーロ安は追い風になるのではないでしょうか。

XFの中古車市場

ジャガーのXFの中古車は全国でも50台にも満たない流通量です。

決して多くはないのですが、さすがに高級車なだけあり、どの車種も状態は素晴らしいものが多いようです。

価格の方は300万円台からの500万円台まで幅広いものですが、稀に200万円代で販売されているものもあります。

その価格帯のXFですと、さすがにそれなりの走行距離となっています。

とはいえ、中には新古に近いようなモデルであるにも関わらず、かなりのお買い得価格で販売されているものもあります。

ジャガーは先にもお話ししましたが、ブランドイメージとして、高齢者には圧倒的な知名度を誇るものの、若年層にはイマイチ…といったイメージが付いてしまっています。

それはオーナーがそのような年齢層ですから当然と言えば当然ではあるのですが、おかげで中古車として出されているものは、先代のオーナーの走行を反映してか、走行距離もそこまで長いものはなく、おかげで状態が良いものが多いのが特徴と言えるでしょう。

中々馴染みのない自動車メーカーではありますが、品質の方は「英国王室御用達」な点が物語ってくれているのではないでしょうか。

高級車ですが、値段の方は他の外国車メーカーに比べて手が届きやすい価格で展開されていますので、個性的な高級車に乗りたい方には、XFはとても魅力的な一台と言えるのではないでしょうか。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.