輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

マスタングの中古車を購入する際の注意点やマスタングの特徴とモデルチェンジの推移など購入に関わる情報を掲載中。

輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

マスタングの中古車とモデルの概要

フォードの自動車は個性的な車種が多いですが、その中でも一際目立つのがマスタングなのではないでしょうか。多くの人を魅了するマスタングがどのような車種なのか。中古車市場の方と併せて見てみましょう。

特徴と推移

初代モデルが登場したのが1964年。

フォード社の中でも大ヒットを記録していた「ファルコン」をベースに開発されたスポーティーカーです。

コンバーチブル、そしてハードトップのラインナップで登場しました。

いわゆる戦後のベビーブーマー世代から絶大な支持を集めた事から大ヒットを記録する事になります。

「フルチョイスシステム」と呼ばれていたオートマチックトランスミッション、さらにはビニールレザーシートといったオプションが多数用意されていた点から特定層だけではなく、幅広い年齢層に支持されたのもマスタングの大ヒットの理由と言われています。その後はフォードを代表する車種として定期的にモデルチェンジが行なわれていきます。

1969年にはモデルチェンジが行なわれるのですが、英語圏などではこのモデルチェンジはあまり触れられておらず、二代目モデルまでが「初代モデル」として認識されているようです。1974年には再度モデルチェンジ。

この際に「マスタングⅡ」が正式名称になります。

デザインはイタリアの会社が担当。

とはいえ、先代モデルの際に巻き起こってしまったオイルショックの影響から車体サイズは縮小。

さらにはエンジンも小型化されています。

その分外観に力を入れているようですが、車体そのものに関してはオイルショックの影響を多く感じさせるものとなってしまっているようです。そして1979年には4代目モデルへとフルモデルチェンジ。

こちらもオイルショックの影響を払拭する事が出来ず、小型化志向が続けられました。

とはいえ、オイルショックも徐々にいえてきた1980年代中盤にはハイパワーモデルがラインナップされました。

そして1993年には14年ぶりにフルモデルチェンジ。

5代目となります。それまでとは異なり、衝突や横転、運転性能などの安全性能に大きな力が入れられているのが特徴と言えるでしょう。

日本市場も大きく意識されていた事でも知られています。

そして2005年に5度目のフルモデルチェンジが行なわれます。

こちらが現行車種になりますね。エンジンの方は3.7Lと5.0Lのものが用意されており、V8のDOHCエンジンとなっています。

3.7Lの方はV6エンジンになるのですが、それでもV6のタイプが309PS、V8は418PSとなっており、さすがに「アメリカ車」を思わせる素晴らしい出力となっています。

マスタングの中古車市場

マスタングは日本の中古車市場ではおよそ200台前後が存在しています。

日本全国でこの数字ですので、そこまで頻繁に見かけるものではないかもしれませんね。

マスタングの価格帯は二極化していると言えるでしょう。

というのは、初代モデルと最新のモデルが高価です。最新モデルの方が高価なのは当然ですが、初代モデルはクラシックカーとして、いわば「コレクターズアイテム」として高い人気を博しています。

初代モデルは状態次第では1000万円近い価格設定がなされているものもあるほど。

一方で3代目モデルや4代目モデルはかなり安価で販売されています。

数十万円で購入する事も出来てしまいますので、マスタングはモデルによって価格にかなり幅が出ています。

とはいえ、多くの人が欲するマスタングは初代モデルでしょう。

二代目以降は先述のようにオイルショックの影響で小型化されてしまっていますので、大ヒットを記録した初代モデルとコンセプトが異なってしまっている部分もあります。

初代モデル、現行モデル以外のマスタングであれば格安で入手する事が出来るのは、そのような事情を端的に表しているのでしょう。どの世代のマスタングを欲するのかによって予算は大きく変わってくるでしょうね。

とはいえ、初代モデルは当然ですが実用性ではなく、あくまでも「保持する事」を求めている人が多いですから、「走らせる」のであれば初代モデル以外のモデルになるでしょう。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.