輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

BMW Z4の中古車を購入する際の注意点やBMW Z4の特徴とモデルチェンジの推移など購入に関わる情報を掲載中。

輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

BMW Z4の中古車とモデルの概要

「BMWと言えばZ4」とまで言い切る人もいるくらいです。BMWの中でもクーペタイプとして大きな注目を集めているZ4。その特徴と中古車事情を覗いてみるとしましょう。いろいろな事情を垣間見る事が出来ますから。

特徴と推移

「BMWは高級車の代名詞」といったイメージをお持ちの方もいるでしょう。

確かにBMWの車種は決して安い価格ではありませんので、「高級車」である点は間違いないかもしれませんが、自動車メーカーの一つとして、様々な車種を販売している事実もあります。

セダンからハッチバック、SUVなど様々な車種を投入していますので、日本でのBMWと本国・ドイツでのBMWの印象というのは若干異なるかもしれません。

そのBMWの車種の中でも多くの人の憧れとも言える一台、それが「Z4」でしょう。

「Z4」は2002年のパリサロンでデビューしました。

BMWのクーペタイプは常に高い人気を集めるものですが、このZ4の人気もまた、素晴らしいものがあります。

当初はロードスターとして登場したのですが、2006年にはクーペも追加されました。

そして2009年にはフルモデルチェンジも行われます。

FRのクーペの走行性はFFでは味わえないものでしょう。

現行車種として3つのグレードが用意されています。

これは排気量等によって異なるのですが、最上位モデルは最高出力340psと、素晴らしい数字ですので高速道路などではより快適に運転する事が出来るでしょう。

そんなZ4の中古車事情を見てみるとしましょう。

Z4は人気車種ではありますがいかんせん高額な車種です。

Z4の中古車事情

3.0Lの排気量を誇る上位グレードの場合、お値段は815万円となっていますので、気軽に購入出来るものではないでしょうが、2.0Lのダイプは499万円からの提供となっていますので、中古車市場でもこの価格差が顕著に現れています。

数そのものは多すぎず、少なすぎずといった所でしょうか。

全国で常に350台前後が売りに出されていると言われていますが、100万円を切るものもあります。

走行距離などによって変動するのが中古車の特徴とは言え、BMWのZ4を100万円切る価格で入手する事が出来るのは嬉しい限りですよね。

一方、新古に近いような場合は800万円に迫る車体価格となっています。

この間の値幅はとても幅広いものがありますので、BMWのZ4を購入するのは条件に拘らなければ決して難しい事ではないのかもしれません。特にBMWは、値段が高いだけではありません。

品質が素晴らしいからこそ値段が高いのです。

装備面はもちろんですが、部品一つ一つとってみても素晴らしい品質となっていますので、中古車であってもまるで新品なのでは…と見違えるほどのものも珍しくありません。

安い車の場合どうしても色褪せてきてしまったり、経年劣化が見えてしまう部分もあります。

ですが、BMWの場合、ボディの艶などにしても「本当に中古車なの!?」と思う事も珍しくありません。Z4の場合電動トップもありますが、こちらのシステムもしっかりと完備されています。

また、BMWの客層は10万kmまで乗り続けるのが少数派ですので、中古車ではあるのですが全体的に走行距離が短いのも特徴です。

特にZ4のオーナーはモデルチェンジや新しいバージョンが出るとそちらに…というオーナーが多い事から、中古車市場に出回っているものの中には「これで中古なの?」、「これ本当にワンオーナーなの?」と驚いてしまうような綺麗な状態なものも珍しくありません。

にも関わらず、需要がそこまで高いわけではありませんから、値段が低めに設定されている事も珍しくありません。

日本の中古車で走行距離3万km程度であればまだまだ定価に近い額で売られている事もありますが、Z4の場合案外リーズナブルな価格設定となっている事もありますので、BMWのZ4は中古車を狙ってみるのも決して悪い選択肢ではないでしょう。

中古車といえども良い状態のものがとても多いですし、何より無茶な運転を行うようなオーナーは少数派です。

車体自体の傷はもちろん事故歴が無いものの方が多いようですから、Z4に興味のある方は中古車市場を覗いてみるのも決して悪くは無いでしょう。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.