輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

輸入中古車の購入時に必要な知識である、「正規ディーラー車」と「並行輸入車」との違い。近年、業界で注目されている、認定中古車のメリットや、輸入中古車を購入する際に、後悔しないための注意点について。

輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

BMWの中古車

BMWの中古車に関して各車の特徴や市場の動向、購入時の注意点などのほか全国の中古車販売店にあるBMWの在庫情報。

BMW 1シリーズ

BMWのエントリーモデルとして、大型化された3シリーズの後継として2004年にデビュー。 コンパクトクラスとしては異例のFRレイアウトで、前後の重量配分が50:50とエントリーモデルながら、BMWの走りの性能に妥協していないモデルである。

BMW 3シリーズ

BMWの人気車種「3シリーズ」。その歴史は、おおよそ40年近くにもなる。そしてBMW内の販売台数の過半数を占めるほどの主戦力車種である。その歴史と近年のモデルの注意点を説明している。

BMW 5シリーズ

BMW5シリーズはラインナップの中心的存在のアッパーミドルクラスで、セダンとワゴンが存在する。
トヨタで言えばマークX、クラウンといった位置づけになる。
ここでは5シリーズの歴史とモデル概要を紹介します。

BMW 6シリーズ

BMW6シリーズの起源は古く、初代モデルは1976年に登場。発売当時は世界一美しいクーペと評されており、初代モデルをキレイにレストアして乗っているオーナーも多い。
1989年に一旦ラインナップから姿を消す6シリーズだが、2003年に再び復活。 新世代の6シリーズはクーペとカブリオレをラインナップする。

BMW 7シリーズ

7シリーズはBMWのフラッグシップモデルであり、同社の最高級セダンである。
ライバルとしてメルセデス・ベンツSクラスやレクサスLSの他、アウディA8等もライバルとなる。他のライバル車の多くが後席重視のクルマなのに対し7シリーズはフラッグシップモデルでありながら、ドライバーズカーとしての要素を十分備えている。

BMW 8シリーズ

BMW8シリーズはE24 6シリーズの後継モデルとして、E32 7シリーズをベースに作られたBMWのプレミアムクーペである。
8シリーズはE31型1世代で完結しているが、その役割をE63 6シリーズにバトンタッチしている。

BMW Z3

BMW Z3はデビュー当時に大ヒットしていたマツダ(ユーノス)ロードスターの影響を受け、ライトウェイト2シーターオープンとして、オープンモデルの爽快さとFRモデルスポーツの走る楽しさを兼ね備えたクルマである。

BMW Z4

「BMWと言えばZ4」とまで言い切る人もいるくらいです。BMWの中でもクーペタイプとして大きな注目を集めているZ4。その特徴と中古車事情を覗いてみるとしましょう。いろいろな事情を垣間見る事が出来ますから。

MINI

アレック・イシゴニスによって設計されたミニ。その伝統を継承し、BMWによって設計された現代のミニは、誕生以来、多くの人に支持されている。そのラインナップや注意点について説明している。

BMW M3

BMW3シリーズのハイパフォーマンスモデル、M3
一見3シリーズに見えるが、スペックや仕様を見るとまるで別のクルマとなっている。
殆どのモデルが、大きく張り出したフェンダー等で、ただならぬオーラを出している。 1985年にE30型3シリーズの最高峰として、グループAレースのホモロゲーション獲得の為に設定されたのが起源となる。

BMW M5

BMWM5は5シリーズのハイパフォーマンスバージョン。BMWのミドルクラスに位置する5シリーズをM社によりチューニング。
4ドアサルーン(本国では5シリーズツーリングベースも存在する)でありながら、サーキットを本格走行することも出来るプレミアムカーである。

BMW M6

BMW M6は他のMモデル同様、BMW6シリーズをベースにM社がチューニングした、スポーツクーペ又はカブリオレで、Mモデルの頂点に立つクルマである。
初代デビューは1986年だが、シリーズを通してベースモデル同様2ドアしか存在しない。
位置づけとしては5シリーズの2ドア版ともとれるが、日本国内で正規輸入モデルで購入できるオープンモデルを持つMモデルはM6だけである。

X1

BMW X1はBMWのクロスオーバーSUVでX5に始まった、Xシリーズの最小モデルとなる。ボディサイズは全高も低く抑えられており、日本では、殆どのタワーパーキングに入る実用性とSUVでありながら低重心のパッケージにより高い運動性能を兼ね備えてクルマである。

X3

BMW X3は5シリーズをベースとしたX5をコンパクトにしたプレミアムSUVでBMWではSAVと呼ばれる。BMWならではのパッケージングでSAVでも50:50の前後重量配分は卓越したハンドリングを生み出す。X5より小さなボディは日本のジャストサイズともいえる。

X5

BMW初のSUVで、BMWではSAV(スポーツアクティビティビークル)と呼んでいる。
製造・販売は北米がメインだが、5シリーズをベースとして作られたX5は、日本へ正規輸入された時期に丁度SUVブームだった事もあり、高い走破性とSUVスタイルでありながら、高級な内装により大ヒットした。

X6

BMW X6はX5をベースとしながらリヤハッチを大きく傾斜させたクーペフォルムのスタイリングのクロスオーバーSUVでBMWではSAC(スポーツアクティビティクーペ)と呼ぶ。SUVとスポーツクーペのいいとこ取りのマルチビークルとして注目を集めている。

アルピナB3 Sビターボ

南ドイツの熟練のマイスターによる手作りによって、産み出されている「B3 Sビターボ」。
「B10 ビターボ」以来、18年ぶりのターボエンジンの復活となった。出力410PS、最大トルク55.1kgmを誇り。リッターあたり137PSを達成している。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.