輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

アウディA7の中古車を購入する際の注意点やアウディA7の特徴とモデルチェンジの推移など購入に関わる情報を掲載中。

輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

アウディA7の中古車とモデルの概要

アウディA7は日本では珍しい5ドアハッチバックスタイルの大型サルーンで、そのルックスはメルセデスCLSに通じる物があるが、大きな違いは開口部の大きなハッチを持ち、クーペフォルムとセダンの快適性、ワゴンの実用性を兼ね備えたクルマである。

特徴と推移

A7はスポーツバックと呼ばれる5ドアハッチバックスタイルのボディにV6スーパーチャージャー付エンジンを搭載し、組み合わされるトランスミッションは2ペダルMTの7速Sトロニックを採用。駆動方式はアウディ定番のクワトロと呼ばれるフルタイム4WDシステムを搭載する。

設定されているグレードは3.0TFSIクワトロ1種類のモノグレード構成で、パッケージオプションとしてエアロパーツや専用内装を装備したS-Lineパッケージを用意する。

エクステリアはスポーツバックと言う名前が示す通り、5ドアハッチバックスタイルでありながら、ルーフからリヤエンドにかけて流れるようなクーペフォルムとなる。

大雑把にいえばA5スポーツバックを大きくしたようなスタイルだが、全体的なボディの大きさからA5スポーツバックの軽快なイメージに対しA7の方がどっしりと重厚なイメージを受ける。

また美しいデザインを崩さず走行性能を高める為リヤスポイラーは格納式で、時速120キロ以上で自動的にせり出すシステムを備える。

インテリアのデザインもA4のデザインを踏襲するA5に比べ、A7は伸びやかなデザインのインパネを採用し、A8よりタイトでありながら、A5より広々としたイメージを受ける。

ウッドパネルは天然木を使用しミラノレザーのシート等高級感は申し分ない。

後部座席は3人が十分に座れるスペースを確保しているが、実際は2人掛けで乗車定員は4名となる。

後席を2名乗車としたことで、ゆったりとした空間を確保している。

ラゲッジは大きなリヤハッチが電動で開閉出来る為、煩わしさが無い上、スペース的にもボディの大きさが貢献している為か、ちょっとしたステーションワゴンよりも積載性は高い。

また後部座席の背もたれを倒すと、さらに広大なスペースが現れる。

しかし後席を出した状態でゴルフバッグを人数分積載する事が出来ないといった問題もある。

パワーユニットは3.0L V6DOHC 直噴スーパーチャージャー付エンジンを搭載しており、1.9tの車重を考えると、パワー不足かと思われがちだが、実際は300ps 44.9kgmのスペックを誇り十分なパワーとトルクを有する。

またアイドリングストップ機構やブレーキエネルギー回生システムも装備され、低燃費も実現している。

トランスミッションはダブルクラッチ式の2ペダルMTの7速Sトロニック。

駆動方式はアウディご自慢のフルタイム4WDシステムクワトロのみとなる。

乗り味はルックスに見合う、しなやかな乗り心地で、オプションの20インチホイールを選択した場合でも堅さを感じることは無い。

A7の注意点

モデル自体が新しい為、これと言ったトラブルは聞かないが、ボディサイズの割に定員乗車が4名となる事に注意したい。

120キロでせり出すスポイラーは、日本ではサーキットやテストコースでないとせり出すことは無いはず。

日本仕様には必要無い装備とも言えます。

また、車格の割に価格が高めの設定であり、もう少し出してA8にしようかと思ってしまう。

価格の割にはベンチレーション機能の無いレザーシートは、夏場は厳しそう。

車格を考えると他のライバルモデルには装備されている事が多いので、選択の際はマイナスポイントになってしまうかも知れません。

またナビゲーションやオーディオを操作するMMIコントローラーは、ノートPC等に採用されているタッチパッドを用いたコントローラーが新採用されたが、操作性はイマイチで、直観的に操作できるBMWのiDriveやメルセデスのCOMANDシステムに比べるとブラインドタッチ性は欠ける。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.