輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

アウディA5の中古車を購入する際の注意点やアウディA5の特徴とモデルチェンジの推移など購入に関わる情報を掲載中。

輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

アウディA5の中古車とモデルの概要

アウディA5はアウディシリーズの中核を担うA4の2ドアクーペとして登場。アウディのクーペと言えば真っ先にTTを思い浮かべるが、スポーティなイメージを優先させた独特なデザインのTTに比べ、A5は優雅で清楚なイメージの2ドアスペシャリティとして登場。
後に2ドアカブリオレ、5ドアスポーツバックが追加される。

特徴と推移

クーペモデルのアウディA5はシングルフレームグリルを取り入れロングノーズ、ショートオーバーハングのデザインでスタイリッシュなエクステリアとなっている。

オープンバージョンのA5カブリオレはクーペA5をベースにオープン、クローズ共に美しいデザインを表現できるモデルとなっており、近年のオープンモデルでは少なくなってきたソフトトップを採用する。

スポーツバックのボディはクーペの美しさにセダンの居住性、ワゴンの積載性を持たせた5ドアハッチバックとなる。

日本に正規輸入されているのはクーペとカブリオレに3.2L V6 DOHCエンジンを搭載し、スポーツバックと、3.2L廃止後の全モデルに2.0 直4 DOHCターボがあり、組み合わせられるトランスミッションはクーペ3.2Lモデルが6AT、カブリオレと2.0Lモデルが2ペダルMTの7速Sトロニックとなる。

駆動方式はアウディご自慢のフルタイム4WDシステムクワトロのみ。

インテリアでは基本的にB8系のアウディA4と似ているが、実は別物。

カブリオレは乗降時にシートベルトアンカーが邪魔にならないよう、自動で格納されるシートベルトフィーダー等は専用装備となる。

またシートにベンチレーション機能が無い代わりに、炎天下に駐車した際もシートの温度が上昇しないように約20度抑える加工がされている。

スポーツバックはサッシュレスドアのおかげでA4とはまた違った雰囲気を醸し出す。

セダンと比べれば頭上高は低いが、クーペよりは高いので居住性に問題のあるレベルではない。

またすべてのボディ形状でトランクスルー機構が備わるのも嬉しい配慮である。

走行性能に関してはクーペやカブリオレはそのスタイルからスポーティな走りを連想しそうだがV6モデルでも大人しめであり、ゆったり優雅に走るイメージが強い。直4モデルはSトロニックとの相性も良く、低回転でもグイグイボディを引っ張っていく感じで静粛性にも貢献している。また全域でどの速度域からでも気持ちの良い加速が得られる。

モデルチェンジの歴史

2008/2 2ドアクーペのA5登場。3.2L V6 直噴DOHCエンジンを搭載する。トランスミッションは6AT、駆動方式はフルタイム4WDのみ。

2009/4 クーペに2.0L 直4 直噴DOHCターボを搭載する2.0TFSIクワトロを追加。

組み合わされるトランスミッションは2ペダルMTの7速Sトロニック。従来通り駆動方式はフルタイム4WDのみとなる。

2010/1 5ドアモデルのスポーツバック登場。2.0L直4DOHC直噴ターボを搭載する2.0TFSIクワトロのみのモノグレード。駆動方式もフルタイム4WDのみで組み合わされるトランスミッションも7速Sトロニックのみとなる。

2010/8 クーペの3.2L V6モデル廃止。

2010/9 カブリオレに2.0直4 DOHC直噴ターボを搭載する2.0TFSIを設定。同時に3.2Lモデルを廃止。

2012/1 A5シリーズマイナーチェンジ。全てのボディタイプでフロントマスクのフェイスリフトの他、アイドリングストップシステムの他エネルギー回生システムを搭載。

A5の注意点

前期モデルでは、スポーツバックを除きエンジンとトランスミッションの組み合わせがややこしい。

クーペは3.2LモデルにSトロニック搭載車が無い。

クーペには3.2Lと2.0Lモデルの併売期間があるが、カブリオレは併売期間が無く、どちらかしか選択出来ない。

また特徴の一つでもあるが、カブリオレはソフトトップとなる為日頃の手入れを欠かさず行いたい。

スポーツバックはその見た目とは裏腹に、乗車定員が4名となる。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.