輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

輸入中古車の購入時に必要な知識である、「正規ディーラー車」と「並行輸入車」との違い。近年、業界で注目されている、認定中古車のメリットや、輸入中古車を購入する際に、後悔しないための注意点について。

輸入車・外車の事なら輸入中古車WEB

輸入中古車の購入ガイド

 輸入中古車には大きく分けて二種類ある。

「正規ディーラー車」と「並行輸入車」だ。

「正規ディーラー車」とは、国外の自動車メーカーが、輸入を許可した会社をインポーターというが、インポーターが輸入した車を、国内の正規ディーラー(販売店)により販売された車のことを言う。近年の輸入中古車といば、正規ディーラー車が大半を占めるだろう。よく中古車の詳細に、「ディーラー車」とあるが、これらの経緯を持つ車のことをいう。

 多くの日本仕様の正規ディーラー車は、右ハンドルへの構造変更や、日本の気候を考慮した仕様なので、安心して乗り続けることができる。また、全国の正規ディーラーで、整備も受けることができるのが、メリットだろう。

 また「並行輸入車」とは、日本国内の会社や個人が、直接現地のディーラーなどから買い付けして、輸入された車のことだ。

 おもに並行輸入車のほうが、ディーラー車に比べ、新車時でも価格が安いことから、一千万円を超える高級車ではお得感が強く、多くみられる。
また、日本には、輸入されていない珍しい車種や、仕様が選べることもメリットだろう。ただし、ディーラーでのメンテナンスは基本的にできないことから、販売店が提携している修理工場での修理となる。

認定中古車

 輸入中古車のイメージとして、「新車と違い、経歴がはっきりしない」「よく壊れるのでは」「輸入車は維持費が高そう」などがよく上がる。このような疑問を持つ、輸入中古車の初心者には、「認定中古車」がおすすめだ。なにしろ正規ディーラーが扱うだけに、車の経歴がしっかりしている。さらに、納車前の整備も抜かりがないので、購入後すぐにトラブル、というリスクも少ないだろう。

保証も一年間ないしは、二年間と手厚い。そして、購入時に残価設定型のローンも選べる場合もある。もはや、新車購入と勘違いしてしまいそうである。これらのシステムにより、中古車に対するネガティブな部分を、ほぼ払拭できるだろう。
また、ディーラーで使用された試乗車や展示車は、認定中古車として販売することが、当初から考慮されているので、人気のカラーやオプションが付いている。
たとえナンバー登録をしただけの、未使用中古車のような車が、新車とほぼ同じ価格で販売されていても、登録時の税金やオプションなどを考えると、やはり認定中古車のほうにアドバンテージがある。
また特徴として、全体的に高年式で、低走行の車が多い反面、新車よりは安いが、街中の輸入中古車を扱う店からすると、割高に感じるだろう。これらを安心料と捉えることができるかどうかが、一番の問題だろう。

輸入中古車購入の注意点

 街中の輸入中古車店の最大のメリットは、豊富な品揃えだろう。走行距離や状態によっては、かなり値ごろ感がある車を見つけることがある。そういう時は、やはり心が弾むのだが、それゆえに、注意も必要となってくる。まず、現車をよく確認すること。
そして、記録簿を確認させてもらうこと。前オーナーの車を大事にする気持ちが、法廷点検の記録によって表されているほか、点検時の作業内容や走行距離も記されているからだ。
そして販売店の保証が、安心できる内容であることも大事だ。修復歴や走行距離の改ざんや購入後すぐのトラブルは、やはり避けたい。保証がしっかりしている店は、仕入れの段階から、そのような車は仕入れない。
また納車前整備も怠らないだろう。たとえ問題が起きても、保証が盾となってくれるからだ。

 最近は、インターネットで購入する方法もあるが、やはり輸入中古車は、いかなる場合でも、実車を見て確認することが、後悔しないためにも大事なことだ。

輸入中古車の楽しみ方

 「輸入車」と聞くと、敷居が高いイメージだが、「輸入中古車」になると、少しフレンドリーなイメージになる。きっと中古車は裾野が広いせいなのだろう。

 その広い裾野のなかで百万円の輸入中古車を探してみた。ルノー・カングー、フィアット・パンダ、アルファロメオ156・147、ミニの低走行車だ。さすがに高年式とはいかないが、どれも不人気車種ではなく、なかなか魅力的な車種達だ。
この金額で、新車を購入するとなると、国産の軽自動車くらいしか購入できないが、中古車となると、一気に異国文化の香りがする車種が選べるのだ。
百万円という金額は、ファーストカーとしてはもちろんのこと、セカンドカーとしても最適な金額だろう。個体差もあるが、この他、若干整備費用が必要となる場合もあるだろうが、新車時の金額を考えれば、買い得感がある。

 また、国産車のミニバンの売れ筋価格帯に少し足した三百万円では、マセラティー・3200GTや、クアトロポルテなどが購入可能だ。豪華なオールレザーのインテリアは、まさに、イタリア車のセンスだ。
しかも、マセラティーのビターボ(ツインターボ)は特筆ものだ。少し前に、ミニバンのCMで「モノより思い出」とあったが、このマセラティーの世界では、「モノによる思い出」が刻まれることだろう。

 ドイツ車は、なかなか価格が下がらないが、それらに比べると、フランス車やイタリア車などのラテン車は、比較的に価格が下がりやすいので、買い得感が強い。それだけ万人向けではないのだろうが、逆にそれが個性なのだ。

 さて、人気にドイツ車にも、購入時の注意点が一つある。それは、メルセデス・ベンツSクラス、BMW7シリーズの定年式、低走行車が、買い得価格の場合があるが、車検時や故障時のパーツ代金は、一千万円クラスの車だけあって、とても高額なのだ。
それを承知で購入するのは良いが、迂闊に安く見栄を張ろうとすると、後々酷い目合うようだ。

輸入中古車のヒストリックカー

現在そして、これからの車は、環境の為のハイブリッドカーや、電気自動車に注目浴びているが、その中に走って楽しい車は、あるのだろうか。今の車が失いつつある純粋な楽しさを持つのが、六十年代や七十年代の往年の名車達ではないだろうか。
現代の車よりも構造が簡素なので、レストアした個体なら、日頃のメンテナンス(今では死語だろうか)を、事欠かせなければ、意のままに動いてくれる。パーツに関しても、マニアックな車種でない限り、入手可能なのだそうだ。また専門のショプで購入すれば、より安心できるだろう。  

 往年の名車アルファロメオのジュリアスプリントや、BMW2002で、街中もサーキットも、現代の車の要である電子制御を必要とせず、人馬一体となって駆け抜けるのは、きっと楽しいだろう。

 中古車は価格の幅があるおかげで、個々のライフスタイルに車のほうが合わせてくれる感がある。そして、輸入車という少し高嶺の洒落たものを、大なり小なりのタイムラグで、現実に手にすることができるのは、夢があり、楽しいことだ。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.